パソコンサポーター
日本パソコンインストラクター養成協会
日本パソコンインストラクター養成協会
パソコンインストラクターを養成する、全国組織の一般社団法人です。
< 2019年08月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

2011年08月31日

Google+の使い方

Google+は、Googleが2011年6月よりスタートしたSNSサービスで、既に利用者も2,500万人を突破しています。

Google+の特徴は、「サークル」という概念を用いている点です。Facebookの「友達」とよく似ていますが、Facebookより友達の幅が広く、細かな分類をすることができます。

あらかじめ用意されているサークルは、「友だち」「家族」「知人」「フォロー中」の4つです。
任意のサークルを後から追加することもできます。

ユーザーは、自分との関係を考えながら、それぞれの「サークル」にメンバーを振り分けることができます。
Googel+のサークルが、Facebookの「友達」と異なるのは、自分が全く知らない相手(たとえば著名人など)も「サークル」に加えることができる点です。

Facebookの場合、知り合い以外の人に「友達リクエスト」を送ることは難しいですが、Google+なら、友達リクエストを送るという手順を踏む必要がなく、Twitterのフォローと同じような感覚で、サークル内にどんどん追加することができます。人脈のネットワークを早期に拡大することを考えている方にはおすすめです。

また、Sparksと呼ばれる機能を利用すると、予め設定した検索語(キーワード)に関する最新情報を表示することができます。
例えば「パソコンインストラクター」というキーワードを保存しておくと、ニュースサイトなどから関連する記事を表示させ、気になる情報には「共有」ボタンをクリックすることで、自分のホーム画面に表示させることもできます。

Google+には、Facebookにはない、ビデオチャット機能があります。
ビデオチャット機能を利用すれば、一度に10名までであれば、全てのサークルの仲間とWebカメラでチャットすることができます。ビデオ会議などに最適です。

Google+の詳細
Google+の使い方


同じカテゴリー(Google)の記事
Gmailの新機能
Gmailの新機能(2017-06-05 11:13)

Googleサービスの一覧
Googleサービスの一覧(2017-03-28 11:17)

Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 10:37 │Google