パソコンサポーター
日本パソコンインストラクター養成協会
日本パソコンインストラクター養成協会
パソコンインストラクターを養成する、全国組織の一般社団法人です。
< 2019年07月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

2011年04月19日

クラウド・コンピューティングとは

今月に入ってから日増しにご質問やお問い合わせが増えているのが「クラウド・コンピューティング」の活用方法についてです。

クラウド・コンピューティング」とは、インターネットの先にあるサーバーに処理をしてもらう「システムの形態」を意味しています。
※クラウド(cloud)とは、雲を意味する英単語です。

普段私達は、パソコンで何らかの作業を行うとき、自分の目の前にあるパソコンに保存されているアプリケーションを操作し、作成したデータをパソコンのハードディスクに保存して作業するのが一般的です。

しかし、使用しているパソコンのバードディスクが、何らかの原因で破損してしまった場合、保存されたデータは取り出すことができなくなり、長時間かけて作成したデータも、新たに作り直さなければなりません。自分自身のデータなら諦めもつきますが、仕事上で使う大切なデータの場合、「破損したでは済まされない」場合もあります。

このような中、注目が集まっているのが、「クラウド・コンピューティング」なのです。

「クラウド・コンピューティング」は、パソコン内に保存されているアプリケーションを使用せず、グラウド上のサーバーを利用し、Webブラウザー上から操作を行います。

作成したデータは、クラウド上のサーバーに保存するので、万が一自分の目の前にあるパソコンが破損しても、どのパソコンからでも作成したデータを取り出すことができます。

個人でも、無料で利用できる「クラウド・コンピューティグサービスがたくさんあるので、この機会に活用されてみてはいかがでしょうか?

◇個人でも無料で利用できる、クラウド・コンピューティングサービス一覧
 
◇クラウド・ストレージ「Dropbox」日本語版スタート

既に世界175カ国で利用されている「クラウド・ストレージ」サービスDropbox(ドロップボックス)の日本語版が、いよいよスタートしました。

Dropboxは、2GBまで保存スペースを、誰でも無料で利用できるサービスで、ユーザー数は既に2,500万人を突破し、毎日2億以上のファイルがアップロードされています。

※オンラインストレージとは、インターネットを介してデータを保管するための保存スペースを貸し出すサービスのことです。

Dropbox メニューが日本語化

クラウド・コンピューティングとは


同じカテゴリー(教えるときに役に立つ)の記事
Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 17:42 │教えるときに役に立つ