パソコンサポーター
日本パソコンインストラクター養成協会
日本パソコンインストラクター養成協会
パソコンインストラクターを養成する、全国組織の一般社団法人です。
< 2019年07月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

2011年03月03日

ウィルス感染の防止 自動実行機能の無効化

情報処理推進機構(IPA)では、外部記憶媒体を介して感染するウイルスを防止するために、USBメモリーなどを利用した際には、自動実行(オートラン)機能を無効化するよう注意を呼びかけています。

IPAが2010年に実施した調査では、発見したウイルスの侵入経路として「外部媒体、持ち込みパソコン」によるものが48%も存在したとのことです。

「W32/Autorun」「W32/Downad」「W32/Sality」「W32/Virut」といった、オートランを悪用してウィルス感染するウイルスが拡大し、特に「W32/Autorun」は、この一年間、月平均で約170件の届出があるようです。

オートランを無効化する方法は複数ありますが、日本マイクロソフト社提供のパッチをインストールする方法が簡単です。従来、専用のダウンロードサイトにアクセスし、利用者のパソコンのOSに適合するパッチを選択してインストールする必要がありましたが、2011年2月9日(日本時間)から、Windows Updateでも「KB971029」として配布されるようになっています。

ウィルス感染の防止 自動実行機能の無効化

ウィルス感染の防止 自動実行機能の無効化


同じカテゴリー(教えるときに役に立つ)の記事
Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 16:40 │教えるときに役に立つ