パソコンサポーター
日本パソコンインストラクター養成協会
日本パソコンインストラクター養成協会
パソコンインストラクターを養成する、全国組織の一般社団法人です。
< 2019年07月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

2010年10月02日

Windows Live Essentials 2011とは

マイクロソフト社が「Windows Liveパック」として公開していたオンラインサービスが、2010年9月30日にバージョンアップしました。

最新版は、「Windows Live Essentials 2011」という名称に変わり、現在マイクロソフト社のサイトより、無料でダウンロードすることができます。

「Windows Live Essentials 2011」は、メッセンジャー、フォトギャラリー、ムービーメーカー、ウィンドウズライブメール、ウィンドウズライブメッシュ、ライター、ファミリーセーフティなどで構成されています。

電子メールは、画面や操作方法がだいぶ変わり、インターフェースには新たに「リボン」が加わりました。

今後、店頭に並ぶパソコンには、「Windows Live Essentials 2011」が予めインストールされた状態で販売される可能性もあります。

そのため、リボンが付いた「Windows Liveメール」を、パソコン初心者の方が使うことも多くなるため、私達パソコンインストラクターも、早目に操作方法をマスターしておく必要があります。

また、リモート操作やファイルの同期を行うことができる「Windows Live Mesh」というサービスも加わりました。複数のパソコンを使用している人にとって、とても役に立つソフトです。

Windows Live Essentials 2011 公開
 
月例研修会(12月度)の内容が確定しました。

12月度のパソコンインストラクター研修会の内容が確定しました。

今回の研修会では「Windows Live Essentials 2011」の全体概要を把握した上で、インターフェースがガラリと変わった「Windows Live Mail 2011」と、リモート操作やファイルの同期が可能になった新サービス「Windows Live Mesh」の使い方を中心に学習します。

パソコンインストラクター研修会

Windows Live Essentials 2011とは
 


同じカテゴリー(Microsoft)の記事
Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 18:59 │Microsoft