パソコンサポーター
日本パソコンインストラクター養成協会
日本パソコンインストラクター養成協会
パソコンインストラクターを養成する、全国組織の一般社団法人です。
< 2019年03月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

2010年06月21日

明日やることを忘れない方法

「今週やることは何だっけ?」と、つい忘れてしまうことはよくあります。
こんな時、役立つテクニックが、Windowsのスタートアップ機能を利用する方法です。

毎朝、パソコンを起動した時に、自動的にメモ帳が開く設定にしておき、開いたメモ帳に「今週やること」を箇条書きで書いておけば、「備忘録」として役立ちます。

設定方法はとても簡単です。

[スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[メモ帳]をクリックします。

[メモ帳]に、備忘録の内容を入力し、名前を付けてデスクトップに保存します。

次に、[スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[スタートアップ]を選択し、右クリックして表示されるメニューから[開く]ボタンをクリックします。

[スタートアップ]フォルダが開いたら、デスクトップに保存した「備忘録」のファイルを、ドラッグして移動します。

設定はこれで完了です。

設定完了後は、Windowsを起動すると、備忘録が自動的に開きます。

※備忘録の内容は、何度でも書き換えることができ、1度設定すれば、再設定も不要です。

「最近、物忘れが多くなった」とお悩みの方にオススメの方法です。



同じカテゴリー(教えるときに役に立つ)の記事
Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 10:59│Comments(0)教えるときに役に立つ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。