パソコンサポーター
日本パソコンインストラクター養成協会
日本パソコンインストラクター養成協会
パソコンインストラクターを養成する、全国組織の一般社団法人です。
< 2019年10月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

2010年02月23日

プロの講師に必要なこと

私達にとって大切なことは、ただ単にアプリケーションの操作方法を教えるのではなく、「受講生が何故それを学びたいのか?」を探り、その受講生の目標としているゴールを明確に掴むことが大切です。

受講生が目指すゴールが明確になれば、教え方も、教える内容も、教えるスピードも変わります。

受講生の学びたいポイントを確実に掴むことができれば、受講生は、その講師の講習を「もう一度学びたい!」と思い、パソコン教室に通います。

楽しい!分かりやすい!もっと教えて欲しい!と受講生に思っていただく講習を行うには、受講生の真のニーズを掴むことが大切です。

「受講生が多すぎて猫の手も借りたい程・・・。」というパソコン教室があるのに、閑古鳥が鳴くほど暇を持て余しているパソコン教室がある要因の多くは、パソコンインストラクターが、受講生の学びたい真の二ーズを掴んでいるか否かの差によることが多いです。

今の時代、インターネットにつながったパソコンが1台あれば、 1人でも起業できる時代です。だからこそ、パソコンが必要不可欠な時代です。

■パソコンを使って何かできるの?

「パソコンを使って何かできるの?」この質問をされたとき、パソコンインストラクターが、その質問のニーズを探り、一人一人にどのような回答をできるかが、勝敗の分かれ目です。

プロの講師として必要とされる人材になるためには、まず自分自身がこの問いに対し、明確に応えることができる知識を習得することが大切です。

ゼロからプロへ

2010年6月より、いよいよ第三期生の学習がスタートします。1年間徹底的に新しい操作方法と教え方を学び、 プロの講師を目指します。(願書締切り:2010年4月30日)

パソコンインストラクター養成学校の詳細

不況になればなるほど私達パソコンインストラクターの仕事は忙しくなります。このお話をすると「え?でもパソコンはもう誰でもできるんじゃないの?パソコンの操作方法を教える仕事なんてないのでは?」と言われることがよくあります。

忙しくなるのは、実はこれからなのです。

昨年末にOSがWindows7に切り替わり、 今年6月にはOffice2010も公開されます。比例して、企業の社員向けパソコン教育も活発化します。

アプリケーションは、この数年で格段に進歩しましたが、操作方法もかなり変わりました。

どのような時に、どのようなアプリケーションを使えば、役立つのか?どのようなツールを利用すれば、目的地にいち早く到達するのか?

これからの時代は、受講生のニーズに応じたコンサルティング力の有無が、仕事の有無に直結します。

社員教育も活発化します。

2010年度に入ってから、企業からの社員教育の依頼もだいぶ増えてきました。注目すべき点は、パソコンの新規導入に伴い、改めて電子メールなどの基本ソフトの操作方法を学びたいというニーズが、拡大している点です。

パソコンを新規導入する場合、OSはWindows7が主流になりつつあります。
しかしWindows7には、電子メールソフトが入っていないため、各企業は全社員が利用するための電子メールソフトを何にするか?を思案しなければなりません。

その第一の候補として「Windows Liveメール」がリストアップされるケースが多いです。

新しい電子メールソフトの操作方法は、従来のWindowsメールや、アウトルック、アウトルックエクスプレスなどと比較すると、活用方法もだいぶ進化しました。

例えば、外出先でメールの送受信をしたいと思っても、従来は、その活用方法が分かりにくく、 別のWebメールアドレスを使う事が多かったと思いますが、Windows Liveメールなら、日頃よく利用するメールアドレスを利用して、外出先のパソコンでも、簡単にメールの送受信をすることができるようになりました。

2010年度は、特に企業向けの社員教育の講座を教えられるように、操作方法を確実にマスターしておきましょうね。

Windows Liveメールの教え方

プロの講師に必要なこと


同じカテゴリー(パソコンインストラクター)の記事
パソコン講師の学校
パソコン講師の学校(2014-04-17 11:53)

Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 14:39 │パソコンインストラクター