パソコンサポーター
日本パソコンインストラクター養成協会
日本パソコンインストラクター養成協会
パソコンインストラクターを養成する、全国組織の一般社団法人です。
< 2019年08月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

2010年01月13日

ウィルス対策

年末年始にかけ、JR東日本、ローソン、ハウス食品、本田技研工業、モロゾフなどのサイトが、ガンブラー(Gumblar/別名GENOウイルス)に感染するなど、被害が急拡大しています。

◆ガンブラーって何ですか?

ガンブラーとは、感染したパソコンのftpのID、PWを盗み出し、Webサイトを不正に改ざんする悪意あるウイルスのことです。

◆感染するとどうなるの?

改ざんされたWebページを閲覧したWebサイト訪問者は、有害なサイトへ誘導され、更にウイルス感染する危険性があります。

◆ガンブラーに感染しないためには

ガンブラーなど、最新のウイルスに感染しないためには、今使っているソフトを最新状態に保つことが、まず重要です。

ガンブラーは、マイクロソフトオフィス、アドビフラッシュプレーヤー、アドビアクロバットリーダーなどの脆弱性を利用するため、感染しないためには、以下の基本的な対策が重要です。

・今使用しているOSやソフトウェアを最新の状態に保つこと。
・ウイルス対策ソフトの定義ファイルを最新の状態に更新すること。
・ウイルス検知機能が有効になっていることを確認すること。

◆総務省と経済産業省が連携して運営

サイバークリーンセンター(CCC)では、 総務省と経済産業省が連携して運営している、国のボット対策プロジェクトですが、ガンブラーやボットの感染を防ぐために、 各種ソフトを最新バージョンにする方法を、Webサイト上で詳しく説明しています。

とても重要な内容なので、自分でレンタルサーバーを借りてブログやWebサイトを開設している人や、 企業のWebサイト担当の方は必ず目を通しておきましょう。

感染を防ぐための防衛術

ウィルス対策
 


同じカテゴリー(使えるサイト)の記事
Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 09:40 │使えるサイト