パソコンサポーター
日本パソコンインストラクター養成協会
日本パソコンインストラクター養成協会
パソコンインストラクターを養成する、全国組織の一般社団法人です。
< 2019年10月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

2009年11月17日

ブルーレイディスクとは

ブルーレイディスク(BD)は、DVDの5倍以上の記憶容量を持ち、DVDよりも鮮明な映像を長時間記録できるのが特徴で、既に発売から3年が経過しました。しかし現状は、かなり普及が遅れ、新作ソフトのタイトルも、DVDの1割に満たないのが実情です。

日本映像ソフト協会(JVA)の発表によると、普及が遅れている要因は、第一に、BDレコーダーやプレイヤーが一般家庭に普及していないことが要因とのこと。

現状でみると、BDはフルハイビジョン録画はできますが、テレビの番組で現在フルハイビジョン放送されているものがほとんどありません。

またハードディスクに録画したものをダビングする場合でも、放送自体がフルハイビジョンでない場合は、差が出にくいのが実情です。

DVDレコーダーでも、上位機種の場合、ブルーレイに近い質の録画、再生することができます。

このような観点より、本格的に普及するまでには、あと数年かかりそうです。

ブルーレイディスク

ブルーレイディスクとは


同じカテゴリー(教えるときに役に立つ)の記事
Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 13:00 │教えるときに役に立つ