パソコンサポーター
日本パソコンインストラクター養成協会
日本パソコンインストラクター養成協会
パソコンインストラクターを養成する、全国組織の一般社団法人です。
< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

2018年05月14日

Officeの表示が年表示からOffice365に名称変更

受講生からの質問
「数年前よりOffice Premiumが搭載されたパソコンを購入し、Office2016を利用しています。今までは、WordやExcelを起動すると、起動する過程で[スプラッシュスクリーン]画面に「Office2016」と記述されていました。しかし今では「Office365」と記述されています。「Office365」は有料だと思うのですが、お金を支払わないといけないのでしょうか?」

最近、このようなご質問が多くなりました。
「Office365」と記載されていても、お金を支払わなくても大丈夫です。
その理由は、マイクロソフトがスプラッシュスクリーン画面に表示する内容を2018年3月から変更したからです。

Officeの表示が年表示からOffice365に名称変更



スプラッシュスクリーン


同じカテゴリー(教えるときに役に立つ)の記事
デフラグとは
デフラグとは(2018-08-28 10:47)

Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 11:37│Comments(0)教えるときに役に立つ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。