パソコンサポーター
日本パソコンインストラクター養成協会
日本パソコンインストラクター養成協会
パソコンインストラクターを養成する、全国組織の一般社団法人です。
< 2010年06>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

2010年06月29日

Office2010 法人大幅需要増

今月、Office2010の販売がスタートしたことで、企業のパソコンの買い替え需要も、いよいよ本格化しそうです。

マイクロソフト社の発表によると、Windows7のライセンス販売本数は既に1億5,000万本に達し、史上最速のペース(1秒間に7本)でシェアを伸ばしています。

また、今月24日には、Windows Live Essentials(旧 Windows Liveパック)のBATA版も公開され、メッセンジャー、フォトギャラリー、ムービーメーカーなどのアプリケーションのバージョンアップが施され、新たに、情報共有ができる「Sync」などのアプリケーションも追加されました。

現時点では、まだ多くの企業が「Windows XP/Office2003」 の環境で業務を行っている所が多いです。
しかし2011年度以降、「Windows7/Office2010」の環境への切り替えが、各企業でスタートするため、比例して私達パソコンインストラクターの法人業務(社員研修)も一気に増えてくると思います。
私達パソコンインストラクターにとって、この流れは追い風です。
企業の導入だけでなく、Office2010の登場により、個人ニーズも拡大します。2010年度後半は、新しいスキルを身に付け、次年度の需要増に備えておきましょうね。

Microsoft Office 2010 公開
 
Windows Live Essentials BATA版公開
 

  

Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 22:26Comments(0)Microsoft

2010年06月28日

ワードで作成した文書をGmailで閲覧するには

ワード(「.doc」「.docx」の文書)で作成した文書をGmailで閲覧するには、添付ファイル名の下にある[表示]をクリックします。[表示]クリックすると、Google Docsのビューワーが起動し、内容を表示することができます。ビューワー画面で[オンライン編集]を選択すると、文書はGoogle Docsフォーマットに変換され、オンライン上で編集し、Google Docs文書として保存することもできます。

ワードをGmailで閲覧

  

Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 14:28Comments(0)Google

2010年06月23日

Officeナビ2010とは

Office ナビ 2010は、マイクロソフト社がパソコン初心者向けに無料で公開しているフリーソフトで、マイクロソフト社のダウンロードセンターから無料でダウンロードすることができます。

パソコン初心者の方の場合、やりたいことがあっても、どれが目的にあったソフトか分からず迷うことも多いですが、Office ナビ 2010を利用すれば、気に入ったテンプレートから自動でOfficeソフトが選択されるので、とても簡単に操作することができます。

Office ナビ 2010

  

Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 22:21Comments(0)Microsoft

2010年06月21日

明日やることを忘れない方法

「今週やることは何だっけ?」と、つい忘れてしまうことはよくあります。
こんな時、役立つテクニックが、Windowsのスタートアップ機能を利用する方法です。

毎朝、パソコンを起動した時に、自動的にメモ帳が開く設定にしておき、開いたメモ帳に「今週やること」を箇条書きで書いておけば、「備忘録」として役立ちます。

設定方法はとても簡単です。

[スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[メモ帳]をクリックします。

[メモ帳]に、備忘録の内容を入力し、名前を付けてデスクトップに保存します。

次に、[スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[スタートアップ]を選択し、右クリックして表示されるメニューから[開く]ボタンをクリックします。

[スタートアップ]フォルダが開いたら、デスクトップに保存した「備忘録」のファイルを、ドラッグして移動します。

設定はこれで完了です。

設定完了後は、Windowsを起動すると、備忘録が自動的に開きます。

※備忘録の内容は、何度でも書き換えることができ、1度設定すれば、再設定も不要です。

「最近、物忘れが多くなった」とお悩みの方にオススメの方法です。

  

Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 10:59Comments(0)教えるときに役に立つ

2010年06月17日

Office2010がスタート

いよいよ2010年6月17日(木)より、Office2010の販売がスタートします。
またこの公開より2日早く、6月15日(火)より、クラウドサービスとして「Office Web Apps」もスタートしました。

「Office Web Apps」は、Windows Live ID(無料)で取得すれば、 誰でも無料で利用することができます。

Windows Live IDを取得後は、Windows Live SkyDrive 上にドキュメントを作成、編集、保存、共有することができ、 マイクロソフト社のオフィス系ソフト(ワード、エクセル、パワーポイント、ワンノート)の機能を、ブラウザー上から無料で利用することができるようになりました。

そこで、8月度に実施するパソコンインストラクター研修会では、Windows Liveサービスの仕組みを理解し、「Office Web Apps」の使い方を中心に講習の進め方を学習をします。

パソコンインストラクター研修会
 

  

Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 13:08Comments(0)パソコンインストラクター研修

2010年06月15日

Office2010 プリインストールの仕組み

2010年6月17日より、いよいよ「Office 2010」をプリインストールしたパソコンが一斉に発売されますが、従来と変更になった点があり、初回起動時にプロダクトキーの入力と、ライセンス認証が必須となります。

従来のプリインストール版Officeは、プロダクトキーの入力やライセンス認証が必要になるのは、パソコンをリカバリーした場合など、Officeを再インストールする必要が生じたときだけで、パソコンの初期設定が完了すると、すぐに使える状態になっていました。

しかし、Office2010では、プリインストール版でも、初めて起動する際にプロダクトキーの入力を促され、入力しないと利用できないので注意が必要です。
プロダクトキーは25けたの英数字で、パソコンに同梱されるインストールDVDに添付されています。

Office2010

  

Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 19:15Comments(0)Microsoft

2010年06月14日

Hotmailの新機能とは

マイクロソフトは日、Webメールサービス「Hotmail」に新機能を発表しました。

Hotmailの新機能では、迷惑メールの排除や、容量の大きな添付ファイルへの対応が強化されています。

迷惑メール排除機能では、受信トレイから迷惑メールを自動的に排除できるようになり、電子メールの
削除やフォルダーへの移動など、メールに対する操作を行うと、今後同じようなメールが来たときに、その操作を自動的に行うかどうかを選択できるメッセージが表示されます。

添付ファイルは、1つのメッセージで最大10GBの添付ファイル(50 MBまでの写真やファイルを最大で200個)送信できるようになります。

メールの送信を実行すると、写真が格納されたWindows Live SkyDriveへのリンクが記載された電子メールが送信されます。受信者は、それらの写真をスライド ショーとして閲覧したり、自分のパソコンにダウンロードすることができます。

さらに、Hotmailを閉じずに、受信トレイのWord、Excel、PowerPointファイルを、閲覧や編集ができるようになります。

添付ファイルは、受信トレイから直接編集することができ、アニメーションや切り替え効果を含むPowerPointのスライド ショーを開始することもできます。
また受信者も、無料のMicrosoft Office Webアプリケーションを使用して、ドキュメントを閲覧したり、編集することができます。



Hotmailの新機能  

Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 21:55Comments(0)Microsoft

2010年06月10日

授業に役立つツール

マイクロソフト社から集合講習時に役立つ「Microsoft Mouse Mischief」が公開されました。

このソフトは、受講生が参加できるスライドショー教材を、PowerPointで作ることができるアドインです。

利用方法は以下の通りです。

1)アドインを講師のパソコンにインストール(無料)します。

2)アドインをインストールすると、PowerPointに[マルチマウス]リボ ンが追加されます。

※[マルチマウス]リボンは、 複数のマウスによる操作に対応した選択式の設問に答えられるスライドや、7色から色を選んで自由に線を描画できるスライドを作成することができ、 複数のマウスによる操作に対応したプレゼンテーション用のページを作ることができます。

3)スライドショー形式の教材を作成します。

4)講師のパソコンに、受講生が使うマウスを接続(最大25個)します。
 ※有線でも無線でも可。

5)PowerPointで作成したスライドショー形式の教材を、プロジェクターを通してスクリーン上に映します。

6)受講生は、それぞれのマウスを利用して質問に答えたり、線を描画することができます。

スライドショー形式の教材で学習すると、講習に楽しさが加わります。
無料で利用できるので必見です。

パワーポイントで作成したページを、最大25名で共有
 

  

Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 22:58Comments(0)Microsoft

2010年06月08日

出張訪問講習から遠隔講習へ

出張訪問によるパソコン講習は、ここ数年でお客様に浸透しはじめ、訪問依頼数も徐々に増えてきました。

しかし、出張訪問によるパソコン講習を行う際、注意すべき点は価格設定です。

仮に、講習費を1時間当たり2,500円に設定した個人レッスンとした場合、2時間の依頼を受ければ講師の収入は5,000円になります。

しかし、ここで忘れてはならないのは、往復の交通時間と講習の前後に費やす準備と予備時間です。

片道1時間かけてお客様宅へ訪問した場合、 1つの案件の総時間数は約5時間となり、講師の時給に換算すると、1時間あたり1,000円に減額となってしまいます。

出張訪問によるパソコン講習は、お客様と直接お逢いして講習を行うことができるため、信頼関係を築く上でとても重要です。そのため、例え安価でも、価値の高い時間を得られるとても大切な時間です。

しかし、個人レッスンを中心としたパソコン講習だけで、事業として運営するには厳しい時代です。

そこで私達は、出張訪問による講習から、少しづつ遠隔操作によるパソコン講習に切り替えること推奨しています。

集合講習の場合は、インターネットを経由した「Live講習」で実施。
個人レッスンの場合は、画面共有を行い、リモート操作で行ないます。

遠隔操作によるパソコン講習のメリットは、何よりもコストダウンを図れる点にあります。往復の交通時間がなくなるため、講習費が安価であっても、事業としても十分成り立ちます。

今の時代は、難しい操作を覚えなくても、 誰でも気軽に、Webカメラとヘッドセットさえあれば、遠隔操作によるパソコン講習を行うことができます。時代にマッチした新しいスキルを身に付けておきましょう!

パソコン遠隔操作の教え方 
  

Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 12:15Comments(0)パソコンインストラクター学校

2010年06月07日

クラウド型のウィルス対策ソフトとは

PS Japanは、クラウド型のアンチマルウェアサービス「Panda Cloud Antivirus」の最新版を発表し、今回より日本語版も追加されました。

「Panda Cloud Antivirus」は、オンラインとオフラインの両方で保護するクラウド型のアンチマルウェアサービスです。パソコンのメモリー使用量は通常の約1/4 位で利用可能です。

Panda Cloud Antivirus

  

Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 21:55Comments(0)無料ソフト

2010年06月04日

パワーポイントで作成したページを25名で共有

マイクロソフト社は、教育機関向けに、プレゼンテーションソフト「PowerPoint」に、1台のPCにマウスを最大 25個同時に接続できるようにする無償アドインツール「Microsoft Mouse Mischief」の提供を6月2日からスタートしました。

Microsoft Mouse Mischief

  

Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 19:19Comments(0)Microsoft

2010年06月02日

遠隔リモート操作でパソコン講習を行う時代

ブロードバンド環境が浸透したことにより、私達パソコンインストラクターは、従来のように受講生と直接お逢いすることができなくても、インターネットに接続されたパソコンがあれば、いつでも、何処でも、誰
とでも、自宅から受講生のパソコンと画面共有を行い、パソコン操作を教えることができるようになりました。

またパソコン講習の様子も、Webカメラとヘッドセットさえあれば、 ライブ映像により、無料で世界中に配信することも、簡単にできるようになりました。

自宅にいながら仕事ができる時代!それが今の私達パソコンインストラクターの環境です。

これからの時代、パソコン教室の運営の仕方も、私達パソコンインストラクターの仕事の仕方も大きく変わります。

パソコン遠隔操作教え方マスターコースの詳細


 
  

Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 11:52Comments(0)パソコンインストラクター学校