パソコンサポーター
日本パソコンインストラクター養成協会
日本パソコンインストラクター養成協会
パソコンインストラクターを養成する、全国組織の一般社団法人です。
< 2009年09>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
過去記事
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

2009年09月20日

Windows7の注意点

いよいよ10月22日には、次期OS「ウィンドウズ7」が公開されます。
「でもどんなタイプを購入すればいいの?」と迷われている方も多いと思うので、いくつかポイントをご説明します。

■ウィンドウズ7のエディション(種類)は?

ウィンドウズ7のエディションは、「ホームプレミアム」「プロフェッショナル」「アルティメット」3種類です。

※この他に「エンタープライズ」という大企業向けのエディションや、 低価格パソコンへプリインストールされる「スターター」もあります。

■ウィンドウズ7の価格は?(パッケージ版の場合)

「ホームプレミアム」 通常版(24,800円) アップグレード版(15,800円)

「プロフェッショナル」 通常版(37,800円) アップグレード版(25,800円)       

「アルティメット」   通常版(38,800円) アップグレード版(26,800円)

※Vistaと比較すると、かなり安価になりました。

■購入するならどのエディションがいいの?

一般的には「ホームプレミアム」が主流です。ただ、マイクロソフト社のサポート期間は、企業向けの「プロフェッショナル」の場合10年間。他のエディションは5年間なので、サポート期間を長く受けたい方は、
「プロフェッショナル」を推奨しています。

◇プロフェッショナルとアルティメットの良さは?

1)XPモードが使える点です。

互換性ウィザードを使っても動作しないソフトでも、「XPモード」を使えば、仮想パソコン上にXPを起動させて動かすことができます。

※バックアップ機能やUSBメモリ/HDDの暗号化機能が利用できる点も、メリットの1つです。
※予算次第ですが、 上位エディションの方が、より便利に利用することができます。

■32ビット版と64ビット版はどちらを使えばいいの?

従来のOSは32ビット版が主流でしたが、ウィンドウズ7のパッケージ版には、32ビット版と64ビット版の両方が同梱され、どちらでも使うことができます。

64ビット版のメリットは、4GB以上のメモリを利用でき、64ビット版に対応したソフトであれば、高速に動作する点です。

ただし、パソコンに搭載されたCPUが64ビットに対応していないとインストールすることができず、 またドライバーが対応していないと、周辺機器が動作しないので要注意です。

※年末年始に購入を予定されている方は、 32ビット版をインストールした方が安全です。

  

Posted by 日本パソコンインストラクター養成協会 at 13:31Comments(0)Microsoft